光の水自然農園説明

長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2015年3月31日火曜日

皆様こんにちは。
ファームメンバーは水輪通信の発送を手伝っております。

今回はチラシの枚数が多いので悪戦苦闘しております。
机の上に並べてみると奥まで隙間なくびっしりでした。
奥のチラシを取ろうとすると、腰を曲げて取らなければ届かず長時間やっていると

疲れもありましたが、皆頑張りました。
通信の発送は大変ですが、このチラシを見て来てくれる人が居るのだと思うと、ワクワクします。

その分頑張らなければなりませんが、誰かが来るのが楽しみです。

そんなわけで今回の通信も終わりました。ぜひ目を通してもらえたらなと思います。
反省を次に生かしたいと思います。有難うございました。

2015年3月29日日曜日

お日様ぽかぽか

お日様が気持ち良く感じる日が多くなりました。
私が水輪に来て一ヶ月ほど経ちましたが、今までの天気は曇りか雪が多かったです。
しかし、ここ数日は晴れの日が続きました。

 夕方は寒くて上着を着ないといけませんが、昼間の外は暑く感じシャツ一枚で作業するときもあるほどです。
その中での雪かきはお日様の光と雪での反射光を浴びて、すっかり日焼けしてしまいました。

 南国の青年みたいだと言われます。

今まで積もっていた雪がここ数日の晴天でゆっくりと溶け出してハウス周りなど人がよく通るところには雪解け水で小川が流れております。
そのやわらかな流れについつい見とれてしまいます。
日に日に少しずつ地表が見えてきてこのまま春になってゆきそうに感じますが、まだ冬は続きそうです。

つかの間の春を感じた数日でした。
担当Y・K

2015年3月19日木曜日

桜の木の救出

皆さんこんにちは、今日の畑の様子です。

 雪に埋もれてしまった桜の木の救出をしました。
ここ数日これをやっていたのですが、かなり桜の木が傷んでいました。特に今年は大雪で屋根のソーラーパネルも雪で傷んでしまいました。

雪が硬いので鉄のスコップを使用、ガツガツ削ると、木の枝が痛むので、とても慎重に優しく掘る必要があります。

桜の木は完全に埋まっており、掘る前は、そこにあるのか、不安になりますが、皆で信じて頑張りました。一人では途方もない作業も、皆でやればもちろん進みが早く、複数人でやる事の重要性を実感します。「ここにはないのでは」と言う声が聞こえ始めた頃に、見つかったりもしました。桜の木の枝が雪の中から出てくると、皆、うれしそうでした。

僕もやる気を増して掘りました、しかし、スコップの刺さりが悪く見てみると、
木の枝が傷ついました、やってしまいました。

 傷つけずに枝を出すのは非常に難しく、忍耐や努力、持続力が必要なことを感じたのですが、一緒に掘っていた、さんは傷つけずに枝を出せていました。僕もKさんを目標にして成長して行きたいな、Kさんのような淡々と出来る人になりたいと思いました。

掘っている途中で雪が降ってきたので終えました。その後皆でおいしく夕食を食べ、片付け今に至ります。

ありがとうございました。

2015年3月17日火曜日

雪かき実習とビニール張り

皆さんこんにちは。最近は、雪かき実習を毎日していますが、今日は、ビニールハウスのビニール張りの模様をお届けしたいと思います。

 現在水輪ナチュラルファーム自然農園には、計8棟のビニールハウスが立っておりますが、まずビニール張りをしなければいけないのは、苗作りのための温床がある1号機と5号機です。そのための第一段階としてやっておかなければいけないのが、ビニールハウス周りの雪かきです。
 
 最近館内メンバーも総動員して、2日掛りで8棟一気に終わらせることができました。
あとはビニールを張るのみです。一斉雪かきと前後して、先に1号機のビニール張りは完了させていました。
 
記念すべき今年一発目のビニール張りでしたが、人数もそう多くない上に、慣れないメンバーが大半だったので、思わぬ苦戦を強いられました。
とても風が強かったことと、1号機は骨組み自体が背丈の高いアーチを使っていたことも、苦戦した原因と言えます。
 結果、天井のビニール張りだけで、3日かかってしまいました。
まずビニール張りは、サイドと妻面(前後の面)のビニールから張っていきます。
これ自体はそんなに難しくはないです。 問題は、天井のビニール張りです。
風に煽られないように、しっかりとビニールを抑えながら、いかに迅速に丁寧に張れるかです。

ビニールを止めるためには、スプリングという道具を使うのですが、これは仮止めと本止めという2段階で行います。1号機の天井ビニール張りは、仮止めの段階で、何度もいいタイミングで突風に煽られて、何度もあと少しのところでおジャンにされてしまいました。これで時間がかかってしまったのです。
写真は、5号機の周りの雪かきの模様を載せました。
5号機は背丈も低く、その日は風も穏やかだったので、楽に張ることができました。また、5号機は新品のビニールを使っているので、出来栄えも綺麗です。
現在2棟完成です。

だいぶスタートダッシュには乗り遅れましたが、今年は質の高い農業を目指して、徐々に挽回していくつもりです。
みんなで一致団結してやりおえた後は何とも言えない満足感でした。
一つのことを達成した後に 訪れる至福感 最高ですね。

2015年3月16日月曜日

春の準備中

こんにちは
最近、りんごの木の選定をしたり桜の木の雪かきをしたりと樹木とふれあう機会が多くありました。
ふれあう中でひとつ気がついたことがあります。

それはそれぞれの木の枝の先に芽がついていることです。
遠くから見ていても葉がなく枝だけに見え生命としての活動を停止しているかのように見えます。
しかし、ちゃんと芽がついているのです。
あらためて生命を輝かしている姿を見出すことができます。
 冬の寒さに耐えながら春に向けての準備をしているのです。
美しく力強く見えます。

春に花が咲いた姿もきれいですが冬の樹木も美しく思います。

担当 Y・K

2015年3月11日水曜日

自然の美しさ

皆様こんにちは
3月も中旬を迎えようとしており、「ここ飯綱にも春がやってきました」と言いたいところですがまだまだ冬は終わらない様子です。先日も夜の気温が-2℃~-3℃ほどまで下がった日もあり、なかなかしっかりと温かくはありませんが、少しずつ温かくもなり始めているところです。

そんな飯綱の冬の地にも、冬ならではの自然の美しい姿があふれています。

日々そのような自然に元気をもらい、自然の偉大さを感じます。

2015年3月5日木曜日

ハウスへ向けて

 皆さん今日はまた水輪ファームブログを読んでいただきありがとうございます。

まだまだ寒い日が続きますが一昨日、昨日、トンビと鳩が大空を舞う姿が見られました。
冬の間は何処に居たのでしょうか?

さて、これも一昨日からなのですが、いよいよファーム本格始動の第一弾のビニールハウス張りが始まりました。

手順としては骨組みの周りの雪かき(骨組みは雪で潰れないので秋そのまま残してある)
そして骨組みにビニールをスプリングではめこんでいくのですが、慣れた人がやらないと、かなり手間取る作業になります。

今回手間取った要因としては、
1 風が強くビニール天井が何度も飛ばされた。
   2 上の方の作業の為の脚立の足場が悪かった。
              3 不慣れな人をうまく使えなかった(自分も不慣れですが)
            4 チームワークが今ひとつだった。などが挙げられます。

しかし徐々に自分たちも、ビニールも修正しながら7~8人で完成にこぎ着けました。
皆さんご苦労様でした。残り7ハウス頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

2015年3月4日水曜日

新しく仲間になりました

皆様初めまして新しく水輪で学ぶことになったY・Kといいます。
水輪に来て2週間になります。
1月まで他のところで有機農業を学んでいました。
水輪に来ても農業に関われるのでとても楽しみにしています。

今年の春から水輪ファームの畑で働かせていただく予定です。
今はファームの方は一面雪が積もっています。
今まであまり雪の降る所にはいませんでしたから一面の雪景色はとても美しく見えます。
雪の上を歩くのはすこし疲れますが・・・

ファームでは今は主に畑ハウスの清掃や整理をやっています。
農作業が出来ない冬のあいだに畑ハウスに溜まった汚れの清掃や物の整理をしています。
今日はハウスのビニール張りをやりました。
雪が降る地域では冬のあいだはハウスのビニールをはがして雪の重みでハウスが潰れないようにしているようです。

春に植え付け予定の作物をハウスで育苗するためにハウスを建てています。
ビニールが風にあおられて思ったようにうまく張れませんでしたが、なんとかみんなでビニールを押さえながら張ることができました。
今はビニールを仮止めしている状態なので明日、微調整しながら本止めをしてビニール張り完了です。

すこしずつファームが始動しています。春になるのが楽しみです。