光の水自然農園説明

長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2017年5月25日木曜日

2017/05/26 ダンボールが新しくなりました



お野菜定期宅配便のダンボールが新しくなりました!なんと料理長の鷲尾さんが書いてくれたちゃのまるちゃんこと、塩澤さおりさんのイラストがダンボールに描かれるようになりました。
とっても可愛いイラストについつい笑顔になってしまいます。

光の水農園の原点は塩澤代表夫妻が重度の障害をもつさおりさんに少しでもエネルギーの高いお野菜を食べさせてあげたい。というさおりさんへの愛がはじまりでした。

そしてさおりさんだけではなく、少しでも多くの方々へ食べていただきたいと思い、現在のお野菜定期宅配便がはじまりました。

さおりさんの絵には、私たちの原点、お野菜に愛を込めてお届けするという原点が込められているのです。

いよいよ畑はたくさんのお野菜がとれはじめています。
皆様に喜んでいただけるよう、一生懸命頑張ります!






2017年5月23日火曜日

2017/05/22 りんごの花が咲きました




光の水農園のりんご畑ではりんごの花が満開に咲いています。遠くから見ていても綺麗ですが、近づいてみると可愛らしい花のまわりには密を吸いにきた密蜂やさまざまな虫たちが密を吸っていました。りんごの木はたくさんのいのちたちであふれているのです。

虫たちが密を吸ってくれるおかげで花粉が行きかい、りんごの木は実をつけることができます。りんご一つとっても、私たちがわからないところでたくさんのいのちたちが関わりあい、こうして私たちは美味しいりんごを頂くことができるのです。
私たちは生かされている存在なのだと改めて実感することができました。

今年も美味しいりんごがとれますように




2017年5月21日日曜日

2017/05/21 しいたけ採れてます!



いのちの森のしいたけ林ではたくさんのしいたけが実っています。
春のしいたけは乾燥に弱いので、人の手を加えて湿度を保ってあげます。


肉厚のしいたけは旨味たっぷり。
しいたけ担当の市川さんの一押しはしいたけステーキ。
しいたけの石づきを取って、ひっくり返してフライパンで弱火で焼きます。そこに塩をひとつまみのせると、しいたけの水分がジュワ―ッと出てきて最高に美味しいそうです。

皆さんも一度食べに来て下さいね。



2017年5月17日水曜日

2017/05/17 手を焼くアイツ



今日はキャベツや白菜の畝に麦わらをひきました。定植されたキャベツや白菜の間の土を覆うように麦わらをひくことによって畝の水分が蒸発せずに保持されます。また、雑草の発芽も抑えてくれるのです。
皆でコンテナに麦わらをいれてひいていくと、途中で中からちょっとしたサプライズがありました。
麦わらの中からネズミの赤ちゃんが出てきたのです。

農家にとってはいつも野菜を食べたり、苗をかじったり、手を焼くねずみちゃんですが、赤ちゃんはとっても愛らしい姿でした。
ねずみたちも生きるために、かわいいわが子にご飯をあげるために必死なのですね。

けれど、大きくなってもお野菜は食べないでね、ねずみちゃん。


2017年5月15日月曜日

2017/05/15 ピザパーティーが開かれました!




今日は白樺林でピザ窯パーティーが開かれました。本格的な窯焼きピザの生地は光の水農園の自然栽培小麦粉100%!畑の朝どりのお野菜のサラダと、畑のお野菜ポタージュは絶品の美味しさです。
白樺林の中で暖かい春の日差しと、心地よいそよ風、広大な畑を見ながらの食事は最高の贅沢です。
皆様も是非とも一度食べに来てくださいね。










2017年5月14日日曜日


【お花たちが待っています】

春真っ盛りのいのちの森水輪では、野草や果樹などのお花が訪れる人々を待っています。
 
 

 
 
 
 

 すみれ、たんぽぽ、桃、チューリップ・・。さまざまな色や形で、私たちの目を楽しませてくれます。ぜひ飯綱高原まで会いに来てください。


宿泊のご予約はこちら




2017年5月13日土曜日

2017/05/13 さまざまな野草たち



いのちの森の敷地の中にはたくさんの山野草や山菜が息づいています。
ウドやタラの芽、こごみやふきのとうや行者にんにく・・・。てんぷらにしたり、じゃがいもと煮込んだり、味噌をつけて食べたり・・・。それぞれの野草にあった食べ方で食べると独特の旨味と風味があります。
また、普段見過ごしてしまう山野草たち。タンポポやヨモギ、ギシギシ・・・。実はこの野草たちも食べられる野草たち。おひたしやてんぷらにすると美味しくいただけます。

実はこの山菜や山野草は、昔の人々のいのちをつなぐ大切な食材でした。
春一番のお野菜がとれるまでの冬から春にかけての端境期。昔の人々は山からの恵みによって生かされていたのです。
私たちも大自然への深い感謝を忘れず生きていきたいと思います。







2017年5月11日木曜日

2017/05/11 春の花

春の光の水農園ではさまざまなお花が咲いています。
スミレやチューリップ、ウメやすもも、桃の花。さくら。たんぽぽ。
さまざまな植物たちがいのちいっぱい咲かせる花は本当に美しいものです。
まるで春が来たのを祝福しているようです。