光の水自然農園説明

長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2017年5月31日水曜日

2017/05/31 お客様からメッセージをいただきました!





いのちの森のお野菜定期便をご利用いただいているお客様からメッセージをいただきました。

自然農園の皆様、

お世話になっております。

先週送っていただいた野菜は、本当にパリパリして新鮮で、美味しかったので、お知らせしたいと思います。
久しぶりにこのような新鮮な野菜をみて、すごいな~と思いました。小さいときに食べた野菜の味に近かったのです。
また、人参の甘いこと!カブも、美味しかったし、玉ねぎも、しゃきしゃきして、癖もなく、この野菜を毎日食べている皆さんは、幸せですね。この辺では、このような野菜は、見かけません。
有機野菜のお店に行っても、いつも、しなびていていますし、直送野菜を買っても、こんなに新鮮なことは、一度もないです。
ありがたく美味しい美味しいといって、食べさせてもらいました。ありがとうございます。
                               千葉県 Nさん

このようなメッセージをいただき、大変ありがたいです。

そして、お野菜を育てて下さっている大自然のいのちたちに感謝したいと思います。

本当にありがとうございました。

2017年5月30日火曜日

2017/05/30 大豆が芽を出しました


先日種を播いた大豆たちが少しずつ顔を出しはじめました。緑の双葉が可愛らしく地面からニョキッと顔をだしています。
実はこの双葉、鳥たちの大好物。
今日もさっそく鳩たちが圃場のなかにチラホラ・・・。
一生懸命追い払うも、ちょっと離れたところに行っては、また大豆のところへ戻ってくる鳩たち・・・。
本葉が出てくれば食べなくなるのですが、それまでは彼らのご馳走です。
一応多めに蒔いてはいるものの、やはり本葉が出揃うまではハラハラです。
鳥さん、ほどほどにしておいておくれよ

2017年5月28日日曜日

2017/05/28 かぼちゃを定植しました



先日信濃町ファームにかぼちゃを定植しました。天気は小雨まじりの曇り空でしたが、それが定植にはぴったりの状況なのです。
定植したての苗は根が張っていないので乾燥に弱く、太陽光にさらされてしまうと枯れてしまうのです。
なので曇りは絶好の定植日和なのです。

まだ小さい苗ですが、かぼちゃはあっという間に蔓がのびて大地を覆います。その生命力には毎年驚かされるものです。
今年も頼むよかぼちゃくん!








2017年5月27日土曜日

2017/05/27 大豆の種を播きました!




先日光の水自然農園では、大豆の種まきを行いました。今年は収量1tを目指して大豆の作付面積を昨年の倍以上に増やし、一層皆気合いが入っております。

大豆の種は播種機という道具を転がして蒔くのですが、この播種機、少し設定や使い方を間違うと全く芽がでなかったり、致命的な失敗につながる繊細な道具なのです。
種まきの前日から何度も実験を繰り返し、何㎝に何粒の大豆を蒔くのか、どれくらい覆土するのか、綿密な調整をし、当日に臨みました。
当日は実際の圃場の土の状態を見ながら最終調整し、いざ種まきです。

面積が増えて、3人で一日係りの実習になりました。
播種機を転がすのは以外に力がいるので、なかなか大変な実習ですが、大豆のためならなんのその。力をあわせて蒔ききりました。

あとは皆しっかり芽が出て元気に成育するのを祈るばかりです。

大豆くん元気に育ってね。







2017年5月25日木曜日

2017/05/26 ダンボールが新しくなりました



お野菜定期宅配便のダンボールが新しくなりました!なんと料理長の鷲尾さんが書いてくれたちゃのまるちゃんこと、塩澤さおりさんのイラストがダンボールに描かれるようになりました。
とっても可愛いイラストについつい笑顔になってしまいます。

光の水農園の原点は塩澤代表夫妻が重度の障害をもつさおりさんに少しでもエネルギーの高いお野菜を食べさせてあげたい。というさおりさんへの愛がはじまりでした。

そしてさおりさんだけではなく、少しでも多くの方々へ食べていただきたいと思い、現在のお野菜定期宅配便がはじまりました。

さおりさんの絵には、私たちの原点、お野菜に愛を込めてお届けするという原点が込められているのです。

いよいよ畑はたくさんのお野菜がとれはじめています。
皆様に喜んでいただけるよう、一生懸命頑張ります!






2017年5月23日火曜日

2017/05/22 りんごの花が咲きました




光の水農園のりんご畑ではりんごの花が満開に咲いています。遠くから見ていても綺麗ですが、近づいてみると可愛らしい花のまわりには密を吸いにきた密蜂やさまざまな虫たちが密を吸っていました。りんごの木はたくさんのいのちたちであふれているのです。

虫たちが密を吸ってくれるおかげで花粉が行きかい、りんごの木は実をつけることができます。りんご一つとっても、私たちがわからないところでたくさんのいのちたちが関わりあい、こうして私たちは美味しいりんごを頂くことができるのです。
私たちは生かされている存在なのだと改めて実感することができました。

今年も美味しいりんごがとれますように




2017年5月21日日曜日

2017/05/21 しいたけ採れてます!



いのちの森のしいたけ林ではたくさんのしいたけが実っています。
春のしいたけは乾燥に弱いので、人の手を加えて湿度を保ってあげます。


肉厚のしいたけは旨味たっぷり。
しいたけ担当の市川さんの一押しはしいたけステーキ。
しいたけの石づきを取って、ひっくり返してフライパンで弱火で焼きます。そこに塩をひとつまみのせると、しいたけの水分がジュワ―ッと出てきて最高に美味しいそうです。

皆さんも一度食べに来て下さいね。



2017年5月17日水曜日

2017/05/17 手を焼くアイツ



今日はキャベツや白菜の畝に麦わらをひきました。定植されたキャベツや白菜の間の土を覆うように麦わらをひくことによって畝の水分が蒸発せずに保持されます。また、雑草の発芽も抑えてくれるのです。
皆でコンテナに麦わらをいれてひいていくと、途中で中からちょっとしたサプライズがありました。
麦わらの中からネズミの赤ちゃんが出てきたのです。

農家にとってはいつも野菜を食べたり、苗をかじったり、手を焼くねずみちゃんですが、赤ちゃんはとっても愛らしい姿でした。
ねずみたちも生きるために、かわいいわが子にご飯をあげるために必死なのですね。

けれど、大きくなってもお野菜は食べないでね、ねずみちゃん。


2017年5月15日月曜日

2017/05/15 ピザパーティーが開かれました!




今日は白樺林でピザ窯パーティーが開かれました。本格的な窯焼きピザの生地は光の水農園の自然栽培小麦粉100%!畑の朝どりのお野菜のサラダと、畑のお野菜ポタージュは絶品の美味しさです。
白樺林の中で暖かい春の日差しと、心地よいそよ風、広大な畑を見ながらの食事は最高の贅沢です。
皆様も是非とも一度食べに来てくださいね。