光の水自然農園説明

長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2017年8月30日水曜日

2017/8/30 そばの花が咲きました。


7月に種を播いた蕎麦の花が咲いています。
独特の香りがする蕎麦の花は白くてとても可愛らしいです。



【光の水通信】  ―自然栽培の考え方―
 本年豊作だったキャベツも、あっと言う間に終わりの時期にきてしまいました。気温の上昇とともに、虫たちがいっきにつきはじめているので、全部食べられないうちに収穫して畑ハウスの保冷庫へ収納しています。
 全収穫した区画で、苦味のつよいキャベツばかりのところがありました。
 調べてみた結果、野菜には自然毒といわれる物質が含まれているようです。虫から身を守るために、微量の毒をもっていて、虫に食べられることによって細胞が傷つくとその物質が生成されるので、人間が食べた時に苦味として感じるとのこと。...
苦味のあるキャベツは確かに虫がたくさんついていました。


 自然栽培では、土壌がよい状態になり、適期に栽培して、健康な作物になれば、虫もつかなくなるという考え方があります。
 虫という存在には重要な役割があって、自然淘汰されるべき不調和なものを食べて、自然な状態にもどしているということです。だから、自然と調和した健康な状態になれば、虫によって食べられる必要がないということになります。
 虫によって食べられることがなくなれば、毒を出して身を守る必要もなくなるわけです。
 過剰な肥料によって栽培された野菜は、人間と同じで、非常に不調和な状態なので、それを自然な状態にもどすべく、たくさんの虫がつきます。

  そのため、農作物自身の自然毒の代わりに、農薬をかけて虫を殺して虫食いのない“きれいな”野菜を売る。人工的に無理やり虫に食べられないようにしているけれども、それは本来自然淘汰させるべき不調和・不健康な野菜です。
 そんな野菜を食べ続けたら、どうなってしまうでしょうか?
 現在市場に出まわっている農作物の中に、調和のとれた、“本物”がいるでしょうか?

2017年8月28日月曜日

2017/8/29 オクラがぐんぐん育っています!


ネバネバ野菜の代表、オクラ。皆さんはオクラの木を見た事ありますか?
いのちの森ではたくさんのオクラが順調に育っています。人の背丈ほどにもなる木に綺麗な花をつけ、そこに実ができます。それを毎朝オクラ担当の市川さんと実習生のTさんが目をこらして収穫しています。

宝探しのようにオクラを探すオクラ収穫。二人ともとても楽しそうです♪

2017年8月26日土曜日

【果樹園】
 水輪ナチュラルファーム光の水自然農園では、果樹の栽培もおこなっています。ブルーベリー、桃、りんご、ぶどうなどが実をつけています。



  「お野菜定期便」では、一部のコースの方に採れたてブルーベリーをお届けしています。




 まだまだ規模は小さいですが、いつか多くのみなさまに無農薬の採れたてフルーツを味わっていただきたいと思います。
 
























2017年8月19日土曜日

2017/08/19 もろこしギフト残りわずかです!!


生でもうまい!ゆでてもうまい!
光の水農園自然栽培のあま~いもろこし。ただいま大好評発送中です!
もろこしの収穫期も残りわずか。
是非とも一度ご賞味ください!
お申し込みはこちら↓
TEL 026-239-2630
http://suirin-naturalfarm.com/toumorokoshi/toumorokoshi.html
お客様からの感想をご紹介します。
さきほどもろこしギフトが届きました!まずは生でいただきフルーツのような甘さとみずみずしさに感動!そしてゆでたてのあっつあつもいただきました。プチッとはじけて、甘い汁がじゅわーっと次々でてきました。
家族で「黄金色の宝石だ!」と言いながら、とても幸せに美味しくいただきました。
ひとくちかじった時、美しく、力強い畑が、私の目の前にぱっーと広がり、ああ、やっぱりいいなあ、大地の恵み、太陽の光・・・。日本人で良かったなあ、そんな気持ちになりました。
体の中の細胞が入れ替わったような、そんな清々しい気持ちです。これだけ素晴らしいスイートコーンを育て送ってくださった皆様に心から感謝いたします。来年は家族でお泊りにうかがいます。ありがとうございました。
                                岐阜 Y・M 様


2017年8月18日金曜日

光の水通信  ―わたしたちの農業―
 
光の水自然農園では、いままで完全無農薬、無肥料栽培をおこなっていますが、やはり土壌や作物自身を自然と調和した健康な状態にすることにもっと意識を向けなければならないと感じております。
 現段階では、実はおなじ農場の中でも、うまく育たなかったり、虫が発生しやすかったりするところがあり、場所によって全く違う状態を呈してきます。
 現在は完全な状態に向かうプロセスにあると認識しています。


 ただし、そもそも“野菜”とは、現段階では不自然な存在である人間によって栽培されているもの。そもそも完全に自然の存在ではないという考え方もできます。
 適期に栽培すれば、それは完璧なものができるかもしれませんが、その限られた期間だけでは、人間は食べていくことができません。
 当農園も、農産物を販売して、農園を経営し、守っているという前提があるので、適期を多少はずれていても、防虫ネットをかけるなど、技術(テクノロジー)を用いてある程度クリアしている面もあります。




特にここ飯綱は高原と言う環境で、気温の変化が激しく、本来、あまり農業に向いている環境ではないと思います。そんななかで、あえて多品目での自然栽培に挑戦しています。
 多くの品目を栽培することにも大きな意味があります。そちらもまた次の機会でご紹介させていただこうと思います。

 

2017年8月17日木曜日

2017/08/17 秋野菜の定植がはじまりました。


光の水農園では夏真っ盛りを迎えていますが、今年は例年よりも晴れの日が格段に少なく、日照不足に悩んでおります。
そんななかですが、いよいよ秋野菜の定植がはじまりました。
夏は葉物には気温が高すぎるため、なるべく温度があがりすぎないように遮光シートをかけて涼しくしてあげます。

おてんとうさまはなかなか人間の思い通りにはなってくれませんが、だからこそ畑はやりがいがあるというものです。
自然とともに、畑のいのちたちとともに頑張っていきたいと思います!


2017年8月14日月曜日

2017/8/14 春小麦!春よ恋!


先日信濃町ファームの春小麦「春よ恋」の収穫をして参りました。
小麦の収穫は8人がかり。機械を2つ稼働して行います。
一部生育があまり良くなく心配でしたが、なんとか持ち直し、200㎏収穫することができました。春よ恋はパン向けの強力粉用の品種。美味しいパンになるのが楽しみです。

大自然の恵みに感謝感謝です。

2017年8月13日日曜日

2017/8/12 大豆の草刈りです!


先日信濃町ファームの大豆の草刈りに行って参りました!
今年の大豆は順調に成育しましていますが、大豆に負けずにすくすくと育つ雑草もたくさん。油断しているとあっという間に大豆を追い越して覆ってしまいます。
ということで、皆で力をあわせて草刈りを行いました。
刈った後の大豆畑はなんとも美しいです・・・。

ありがとうございました!