光の水自然農園説明

長野県飯綱高原にある水輪ナチュラルファーム 光の水自然農園からのおたよりです。
●ご感想・お問合せは、メール farm@suirin-naturalfarm.com までお願いいたします

2017年8月18日金曜日

光の水通信  ―わたしたちの農業―
 
光の水自然農園では、いままで完全無農薬、無肥料栽培をおこなっていますが、やはり土壌や作物自身を自然と調和した健康な状態にすることにもっと意識を向けなければならないと感じております。
 現段階では、実はおなじ農場の中でも、うまく育たなかったり、虫が発生しやすかったりするところがあり、場所によって全く違う状態を呈してきます。
 現在は完全な状態に向かうプロセスにあると認識しています。


 ただし、そもそも“野菜”とは、現段階では不自然な存在である人間によって栽培されているもの。そもそも完全に自然の存在ではないという考え方もできます。
 適期に栽培すれば、それは完璧なものができるかもしれませんが、その限られた期間だけでは、人間は食べていくことができません。
 当農園も、農産物を販売して、農園を経営し、守っているという前提があるので、適期を多少はずれていても、防虫ネットをかけるなど、技術(テクノロジー)を用いてある程度クリアしている面もあります。




特にここ飯綱は高原と言う環境で、気温の変化が激しく、本来、あまり農業に向いている環境ではないと思います。そんななかで、あえて多品目での自然栽培に挑戦しています。
 多くの品目を栽培することにも大きな意味があります。そちらもまた次の機会でご紹介させていただこうと思います。